LINEで送る
Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

小川ストーブでは基本的に二年乾燥薪の販売を行っていますが、ただいま二年薪になるように乾燥中です。

 

薪で重要なのは何と言っても乾燥です。乾燥が不十分だと煙も多く、煙道内にタールがたまりやすくなるので、煙道火災を引き起こす可能性もあります。(含水率の高い薪を、薪ストーブでは絶対に燃やさないでください)

木には伐り旬があり、一般的に秋の彼岸から、春の彼岸までといわれています。小川ストーブでは伐り旬の材を集め、玉切りし、薪にしています。

薪にする方法は、昨年、導入したWood-MizerFS500。アメリカ製の高性能薪割り機で薪を量産します。

Wood-Mizerで割られた薪は写真のように、薪バックに入れて乾燥中です。

薪置き場の在庫状況です。

薪置き場の在庫価格表です。薪在庫表

今年から製材事業を始めました。材を取った残りの辺材を薪にしています。樹種は杉と桧で、薪長さは約450mmで約1㎥入った製材薪を8000円(税抜き)で販売致します。辺材なので薄い部分が多いので焚き付けとしても重宝します。

 

以上は、店頭引き取り価格になりますので、配達や小分け等、質問など、薪に関する詳しいことは、お問い合わせは以下からお気軽にどうぞ。

[注]旬伐りの木ですが、乾燥期間が長い為、日焼け・虫食いの薪もありますのでご容赦ください。

お客様の情報をご記入ください

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号 (必須)

住所 (必須)

題名(任意)

ご相談やメッセージをご記入下さい(任意)